くさび式足場

■低コストで短納期

低コストと短納期は、くさび式足場が持つ最大のメリットと言えます。
いわゆる枠組足場は高層建築等で使用することを前提にしており、素材の一つひとつが非常に重く、組立にはレッカーが必要になります。
この流れがコストや工期に影響を与えますが、くさび式足場の場合は中層・低層の建物であれば、人の力で組み立てることが可能なため、コスト削減と時間の短縮が可能です。

くさび式足場を使用する場合、地上から31メートルの建物まで、という決まりがあります。
これはくさび式足場が最も発揮される高さでもあり、この高さまでであれば低コスト・短納期というメリットをフルに活かすことが実現。

工場や倉庫といった建物は、コストや工期においてシビアであることも多いでしょう。
これらの建物において多くの実績を有していることは、くさび式足場の特性が評価された結果と言えます。

■複雑な箇所もお任せ

くさび式足場のメリットは、コストや工期だけではありません。
小回りが利くことも、くさび式足場の持つ大きなメリットの一つ。
この小回りをブロックに例えると、タンクやプラントなどの曲線の多い建物に沿ってブロックを組立ていく際、ブロック一つひとつが大きいと、どうしても建物にフィットしにくくなります。
しかし、ブロックを小さくすることができれば、建物の形状にフィットしやすくなります。
これと同じことが足場に言え、くさび式足場は素材の一つひとつが小さいため、複雑な形状の現場においてもしっかりフィットする足場を設置することが可能になります。

■手すり先行工法

手すり先行足場の最大の特徴は、足場の組立・解体時に常に先行して手すりが設置できるということ。
最上段でも、常に外側を手すりで囲まれた状態で作業ができるので、墜落する危険性がなくなります。

○手すり据置方式
足場の組立・解体または変更の作業において、足場の最上層に作業床を取付ける前に、最上層より一層下の作業床上から、据置き型の手すり、または手すり枠を当該作業床の端となる箇所に先行する方式のことで、また最上階の作業床を取り外すときは、当該作業床の端の据置き手すり機材を残置して行う方式です。

○手すり先送り方式
足場の組立・解体または変更の作業で、足場の最上層に床付き布わく等の作業床を取つける前に、最上層より一層下の作業床上から、建て枠の脚柱等に沿って上下スライド等が可能な手すり、または手すり枠を当該作業床の端となる箇所に先行して設置する方式です。

○手すり先行専用足場方式
鋼管足場用の部材及び付属金具の規格の摘要除外が認められたわく組足場であり、足場の最上層に作業床を取付ける前に、当該作業床の端となる箇所に、最上層より一層下の作業床上から手すりの機能を有する部材を設置することができ、かつ最上層の作業床を取り外す時は、当該作業床の端に手すりの機能を持つ部材を残置して行うことが出来る構造の手すり先行専用のシステム足場方式です。

一覧ページに戻る