塗装工事

■外壁塗装の役割

“汚れた外壁を美しく見せる”だけが、外壁塗装の役割ではありません。
本来の目的は、“雨風や直射日光からお住まいを守ること”なのです。
塗膜で外壁表面をコーティングすることで、外壁に水分が染み込んだり、紫外線による劣化を防いでいます。

塗り替えのサイクルは、立地状況や塗料の種類、外壁材によっても異なりますが、目安は10年ごとと言われております。
塗装の効果が切れた外壁をそのままにしておくと、外壁材の劣化が進んでしまったり、最悪の場合は雨漏りにつながってしまうこともありますのでご注意ください。

■色あせや錆びが目立ってきたら屋根の塗り替えをご検討ください

屋根は私たちの目に見えないところで、日々にさらされています。
雨風や直射日光を直接受ける分、塗装の効果が切れてしまえば劣化はまたたく間に進行してしまいます。

数年で屋根材の反りやめくれ、ひび割れが発生することもあるので十分注意が必要。
ご自身でメンテナンスを行うのが難しい場所なので、外壁にひび割れや塗膜の剥がれが見られるようになれば、一度当社にメンテナンスをご依頼ください。

塗装工事では、塗料の塗り替えはもちろん、傷んだ下地の補修作業も行います。
定期的に塗り替えを行うことで、傷みを進行させることなく、小規模のうちに食い止めることが可能。
表面からは見えない部分こそ丁寧に行い、大切な屋根を守ります。

一覧ページに戻る