昇降足場

足場内を昇り降りするために、設置される足場。
労働安全衛生規則では、高さ(または深さ)が1.5メートルを超えるところで作業を行う際は、安全に昇降する設備を設けなければならないとされており、昇降設備の設置は仮設足場において必須と言えます。

■昇降足場の特徴

○安全性が高い
安全装置が多数装備されているほか、高所での組み立て・解体・資材運搬作業を大幅に削減できます。
組み立て指導や定期点検・整備は専門のスタッフが行うため、サポート体制も万全です。

○取り扱いやすい
組み立て・解体・移設がしやすいため、工期の短縮が実現。
また、操作に関する専門知識は不要で、様々な形状の現場に対応できます。

○作業効率の向上
最適な高さで作業することができるため、無理のない姿勢で工事を進められます。
必要な資材は集荷できるので、特別なリフトの設置はいりません。

○環境への配慮
居住者がいる場合、住環境への負担解消や、足場からの不法侵入を防ぐことが可能。
資材運搬料が減るため、騒音・排気ガス・CO2の削減につながります。

一覧ページに戻る